揺るがない自信、への壁

家庭も職場もマルチリンガル、マルチカルチャー。
異文化の見えない「壁」を、見える化して攻略する
アンバー遥です。

私が何者かについて詳しくお話している
シリーズもの【道産子 遥、関東進出編】の前に

今日の気づき。

大学の時、ゼミの先生が

「人は誰しもその時点で完成形。
自信を持って進めば良い。」

そうおっしゃった。

それもひとつの解釈だし、
そういられれば素晴らしいことだ。

が、私はこう思う。

生まれ持って根拠のない自信がある人を除き、
人は、自分自身が納得のいく結果を
いくつか出していないと
本当の自信はつかない。

自分自身を信じる力、それが自信。

自分が自分を信じられるのは、

自分の選んできた道、
取り組んできた実績、
出してきた結果、
共に歩んだチームメンバーや
支えてくれる人

それらに納得して、
感謝して、
今自分が立っている場所に
誇りを持っていなくては

揺るがない自信は、
持てないと思う。

---

実は私、つい先日まで、
ここ数年ずっと、ずっと、ずーっと
引っかかっていることがあって。

そのせいで、

自分の選んできた道、
取り組んできた実績、
出してきた結果が
あまりよく見えなくなっていて、

納得して、感謝して、
今自分が立っている場所に
誇りを持つ

ということができなくなっていたのです。

つまり揺るがない自信、が
持てなかった。

たったひとつの「現在の問題」が、
過去の実績までを
認識の中で曇らせてしまう。

そういう時もあるのだと
身をもって体験しました。
数年という期間、
実際、苦しくて長かった。

「現在の問題」を解消することで、
過去の実績への曇りも解消し、
自分を信じる力を回復することができました。

今は、やっと、
ひさびさに、
スタートラインに立てたような気分。

これからますます、走ります。

何か皆様にも通じることがあればと思い、
書いてみました。

次回、 【道産子 遥、関東進出編】に戻ります。

【私が何者なのか、と一本釣り転職活動】
ご興味のある方はこちらからどうぞ。

前編
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=145362012615204&set=a.137532640064808.1073741828.100014242180730&type=3&theater

後編
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=146469105837828&set=a.146480049170067.1073741829.100014242180730&type=3&theater

メルマガ登録はこちらから メルマガ登録はこちらから

 

「家庭も職場もマルチリンガル、マルチカルチャー」

そんなライフスタイルを、もっと詳しくメールマガジンにて配信予定です。

ご興味持っていただけましたら、ぜひご登録ください。



アンバー 遥 公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

英語がそこそこ話せると、 男の好みもボーダーレスになるらしい

ラクダのつま先

間違っていた

私:39.2℃、息子:40.1℃

私が何者なのか、と一本釣り転職活動-後編

本業のはなし。オチはない