治外法権のバレンタイン

甘いものを控えている私と、
元来、甘いものを食べない夫。
アンバーさんちの2017年バレンタインデイは…

家庭も職場もマルチリンガル、マルチカルチャー。
異文化の見えない「壁」を、見える化して攻略する
アンバー遥です。

我が家は夫が統治する亭主関白王国で、
諸外国ルールが適用される治外法権区域です。
当然、バレンタインデイは、
日本のチョコレートメーカーが手がける
一大プロモーションの波に飲まれることなく、
夫から妻へ、
愛と感謝とささやかなギフトを贈る日!
と想定します(私が)。
昨年までは一応、私も日本の習慣に則って、
それなりに用意していたのですが、
結局夫はチョコレートを食べないし、
何かを贈っても、心から気に入らなければ
全然使ってくれないので贈り物も辞めました。
今年はどうだったか。
結論から言いますと、
夫、上出来でした!!
夫が用意してくれたバレンタインギフトは、
毎朝、パンとミルクティを食す私に
クロワッサン、ラズベリーの入った硬いパンなど
甘さ控えめのペストリーと、
ラベンダーの香りの入浴剤。
平日は仕事と家事と育児の桶狭間で
ゆっくりとする暇もないので、
お風呂だけはリラックスの場にしようと
クナイプの入浴剤は欠かさないようにしているのを
夫も知っていたのです。

昨日私が帰宅すると、
どーんとテーブルの上に鎮座した
二つの紙袋。
それはそれはドヤ顔で、
プレゼントをくれました。
ま、ドヤ顔はさておき、
私が日々の暮らしの中で必要としているものを
プレゼントとして用意してくれたことには
心から感謝の意を示しました。
2017年、暴君の更なる成長を
期待せずにはいられません。

メルマガ登録はこちらから メルマガ登録はこちらから

 

「家庭も職場もマルチリンガル、マルチカルチャー」

そんなライフスタイルを、もっと詳しくメールマガジンにて配信予定です。

ご興味持っていただけましたら、ぜひご登録ください。



アンバー 遥 公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

晩夏の夕暮れに思う、冬の朝焼け

このエイリアン、何者なのかご存知ですか

夫が7針縫いました

マネージメントに必要なのは、スキルよりも経験よりも、○○でし...

新年の、抱負というより自戒の言葉

隣の席のももちゃん