手に負えない暴君が穏やかな農夫に。あるディメンションシフトの話 – 序

夜明け前の、3歳息子の突然の寝言。

「……大盛りっ!!」

給食の夢かいな。
朝の4時におかーちゃんびっくりするわ。



写真は、鮮やかなお花が見頃のアンバー家の庭です。
ミニトマトは、昨日3個収穫できました。


うちの農夫が(おお書いて字のごとく)
もうすぐ4週間のバケーションに入るのですが、
って毎年えらい長い夏休みですが、これガイジンスタンダード。

山仕事 兼 ホームステイで、しばし私の麗しの友人宅で
お預かりいただきます。(誰のお宅か気づいた人、挙手)

昨日うちの農夫、庭の植物に水をやりながら、

I was telling my plants that I'll be away for a while.
「ちょっと留守にすると植物達に伝えていたところだ。」

と。

動植物と会話する、動植物に近いうちの農夫。
ここ最近、随分と穏やかになりました。

私の好きなキッシュとかマフィンを買って帰ってきたりもします。
いや、本人の性格が変わった訳ではないのです、多分。

私と夫の関係性において、何かが劇的に変化したようです。

私に起きた、あるディメンションシフトが、
夫を、手に負えない暴君から、穏やかな農夫に
変えてしまったようなのです。

長くなりそうなので、続きものにします(笑)
つづく。

メルマガ登録はこちらから

ジャングルで生まれ育ったリアルサバイバー系フィジー人の暴君夫との、十円ハゲができるほどのどん底パートナーシップが、ある真理を知ったことで劇的に改善…いや、劇的改善中。

パートナーシップの改善も、生きたい人生に進む方法も、全ては自分と真剣に向き合うことからスタートします。本当に私が望んでいることはコレだった!を知る方法を配信予定です。ご登録お待ちしています。


アンバー遥公式メルマガ「パートナーシップも人生の方向性も全ては自分と向き合うことから」
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

モアナとフィジーと金内さん

軍神降臨は天の采配か

人の話は最後まで聞け

Merry Christmas! No more viole...

フィジーの伝統料理“ロボ”@裏庭、 完成レポート

結婚生活=ミッション・インポッシブル