恐るべしDNA。息子が素手で小魚捕まえよった

引潮の昼間、バケツ持ってヤドカリや蟹を
ひたすら捕まえていた夫と息子。

浅瀬に取り残されていた大きめのメダカくらいの魚を見つけ、

「ママ!フィーッシュ‼︎」

と叫んだと思うと、
息子、素手で掴んで、バケツに放り込んだ。
これには夫も驚いた。いや小魚、泳ぐの速いで。

スマホ置いてきちゃったので写真は撮り損ねたが
3歳9ヶ月、息子の野生、順調に開花中。

 

 

メルマガ登録はこちらから メルマガ登録はこちらから

 

「家庭も職場もマルチリンガル、マルチカルチャー」

そんなライフスタイルを、もっと詳しくメールマガジンにて配信予定です。

ご興味持っていただけましたら、ぜひご登録ください。



アンバー 遥 公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

バイリンガルへの道?

トッポンギ

私が何者なのか、と一本釣り転職活動-前編

VERY妻風を装っている

私:39.2℃、息子:40.1℃

思えば遠くへ来たもんだ。企業の広報担当歴12年