恐るべしDNA。息子が素手で小魚捕まえよった

引潮の昼間、バケツ持ってヤドカリや蟹を
ひたすら捕まえていた夫と息子。

浅瀬に取り残されていた大きめのメダカくらいの魚を見つけ、

「ママ!フィーッシュ‼︎」

と叫んだと思うと、
息子、素手で掴んで、バケツに放り込んだ。
これには夫も驚いた。いや小魚、泳ぐの速いで。

スマホ置いてきちゃったので写真は撮り損ねたが
3歳9ヶ月、息子の野生、順調に開花中。

 

 

メルマガ登録はこちらから

ジャングルで生まれ育ったリアルサバイバー系フィジー人の暴君夫との、十円ハゲができるほどのどん底パートナーシップが、ある真理を知ったことで劇的に改善…いや、劇的改善中。

パートナーシップの改善も、生きたい人生に進む方法も、全ては自分と真剣に向き合うことからスタートします。本当に私が望んでいることはコレだった!を知る方法を配信予定です。ご登録お待ちしています。


アンバー遥公式メルマガ「パートナーシップも人生の方向性も全ては自分と向き合うことから」
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

【突撃!アンバー家の晩ごはん 鶏のハツと砂肝のカレー&ライタ...

おとめ座男子の週末

治外法権のバレンタイン

嵐の夜の鴨鍋

外資系企業、翻訳業務の裏側

豚肉の壁