三度の飯より『虫』が好き

間もなく誕生日を迎える息子に、
昆虫図鑑を探していたところ、
「世界一美しい昆虫図鑑」
なるものを見つけました。
しかもオリジナルは英語。
夫が息子と一緒に読んでくれることを期待して
洋書で購入しました。

昨晩手元に届いてしまったAmazonの箱を囲み、
開けずにはいられないアンバー一家。
誕生日はまだ先だけど、Shall we open the box?

おおー。すごい綺麗!!
つーか、でかっ!重っ!!

これはもはや図鑑というよりアートブック。
大人も楽しめる本当に美しい図鑑です。
虫は苦手だけど、色が綺麗で見入ってしまう。


そして最初はあまりのリアリティに
やや恐れをなしていた息子ですが、
すぐに、この虫は何?これは?こっちは?
とページをめくり、興味津々。

喜んでくれて良かったー。
(ご参考までに以下リンク)
世界一美しい昆虫図鑑(日本語版)

Pheromone(英語版)

書いてある名前を読んではみるのですが、
日本語で何ていう虫なのかは全くわかりません。

Jewel Beetle とか。
直訳すると、宝石カブト虫。
なんやねんそれ。
調べてみたら玉虫のことでした。嗚呼なるほど。

英語って、固有の名詞じゃなくて、
単語をくっつけて表現することが多いですよね。
お湯っていう単語はなくて、
Hot water みたいな。

少ない単語数で表現するという意味では効率的なのかな。
日本語は物事を表す固有の単語の数が
物凄く多いと思います。

話がそれましたが、
大人も楽しめる昆虫図鑑。
虫好きでしたらCheck it out.

メルマガ登録はこちらから メルマガ登録はこちらから

 

「家庭も職場もマルチリンガル、マルチカルチャー」

そんなライフスタイルを、もっと詳しくメールマガジンにて配信予定です。

ご興味持っていただけましたら、ぜひご登録ください。



アンバー 遥 公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

遥のボヤキ

オフィスのマスク美人(偽)

恐るべしDNA。息子が素手で小魚捕まえよった

英語がそこそこ話せると、 男の好みもボーダーレスになるらしい

太っ腹なベーシックインカム制度

女児誕生おめでとう