忍者はピントが背景

3歳息子が恋焦がれる同い年の女子、
現在ドイツ在住なのですが、
夏休みでご一家が一時帰国。
先週末、家族で訪問させていただき
1年ぶりの再会となりました。

最初の10分こそ、もじもじしていた息子ですが、
二人とも元来かなりアクティブ且つ棟梁気質。

お互いに「ついてこいやー!」なのだけど、
なぜか気が合うらしい。

トータル4時間程の滞在の間、
休む暇なくちょーハイテンション。
そしてちょールー大柴。
(うちも先方も、旦那様が英語圏の人)
写真を撮っても、被写体が素早く動き過ぎて
ピントが背景に…。


その夜、息子はあまりのハイテンションにより
40度近く熱を出しました。←幼児あるある。

でも本当にただのハイテンション冷めやらず
の発熱だったようで、
一晩で平熱に戻りました。←幼児あるある。

現時点での、息子の女の子の好みは、、
可愛くて、素早い動きをする、

くのいち系女子。

頑張れ息子、くのいちに追いつける忍者になるのだ。

メルマガ登録はこちらから

傍若無人な暴君を人生のパートナーにしてしまった日から、私は「あいつ(夫)のせいで、自分の人生が思うようにうまくいかない」とずっとずっと悩んできました。

しかし、自分を幸せにできるのはこの世でたった一人、それは自分だけ。他人に自分の幸せを委ねていては、人生は一歩も前に進まないと知り、事態は変わりました。

過去の私と同じように、誰かや何かのせいで、自分の人生がうまくいかないと思っているあなたに、

7日間無料メルマガ「南の島のジャングル夫から学んだ絶望スピリチュアル」を準備中です。下記フォームから先行登録受付中。


「南の島のジャングル夫から学んだ絶望スピリチュアル」7日間無料メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

太っ腹なベーシックインカム制度

おとめ座男子の週末

猿の惑星

晩夏の夕暮れに思う、冬の朝焼け

三度の飯より『虫』が好き

私が何者なのか、と一本釣り転職活動-後編