隣の席のももちゃん

その昔働いていた会社に、
ももちゃんという同僚がいました。

ある日、某おじさん課長が、
ヒラっとしたスカートを履いていたももちゃんに

「お、ももちゃん!パンツ見えちゃうよ~」と

挨拶代わりの軽いセクハラ発言をしたところ、
ももちゃんは、
「え!まさかー。だってパンツ履いてないもん。」
と驚異の返しをしました(@д@)

おじさん課長、絶句。

セクハラに、10倍のセクハラで返す
スキルを垣間見た瞬間でした。

以降ももちゃんは、私の中でリアクションの師匠。
私のスキルもあの頃から少しは向上したのでしょうか。
もちろん、今なら間違いなく、

「パンツ見えちゃうよ~」って言われたら、

「いえ、私はふんどしですけど」(キリっ)

って真顔で答えますけどね。

ふんどしについてはこちらの投稿をご参照ください、いやまじで。

写真は若気の至れり尽くせりで遊んでいた頃の
パンツ見えそうな私です。いい写真発掘(笑)

メルマガ登録はこちらから

傍若無人な暴君を人生のパートナーにしてしまった日から、私は「あいつ(夫)のせいで、自分の人生が思うようにうまくいかない」とずっとずっと悩んできました。

しかし、自分を幸せにできるのはこの世でたった一人、それは自分だけ。他人に自分の幸せを委ねていては、人生は一歩も前に進まないと知り、事態は変わりました。

過去の私と同じように、誰かや何かのせいで、自分の人生がうまくいかないと思っているあなたに、

8日間無料メルマガ「ジャングル生まれの暴君夫が引き寄せた地を這うスピリチュアル」を配信中です。こちらのフォームから登録受付中。

Related Entry

そうだ、世界平和のためだった

冬の飲みもの

北海道愛炸裂・青いビール‼︎

ふんどし界への船出

AIが人間の職を奪う日を実感したコレ

登戸ってどこ?