怒らないで。笑って。

うちの息子、私にすごく怒られると、
泣きながら「ママ、笑って!!」って
言うんです。

「ごめんなさい」でも
「もうしない」でも
「ママ嫌い」でもなく、

「ママ、笑って!!」って。
号泣しながら。

なんだかなー。
泣きながら「笑って!!」なんて言われたら
こっちが泣きたくなる。

はて。泣きたくなるのはなんでだ⁉︎
小さい息子を怒っている罪悪感?

本当は笑っていたいのに、
怒っている自分に対する自己嫌悪?

自己嫌悪ってなんだ⁉︎

私にとって都合の悪いこと
(=汚されて仕事が増える、とかね)を
息子に許可してあげられない、
自分自身の非寛容への嫌悪かな。

本当は私だって笑っていたいのに、
なんで怒っているんだろう?
っていう情けないような悲しいような
不甲斐ないような。
ああそうか、
私は"いいお母さん"でいたいんだな。
いつも笑顔で寛容な。

私の"いいお母さん"像は、
いつも笑顔で寛容なんだな。

そうなれない自分にがっかりしてるんだな。
というところまで辿り着きましたので、
えー、結論としましては、

ええやないか、非寛容の私!
私はちっちぇー人間で、
寛容の心など持ち合わせていなくて、
効率主義な怒りんぼうのゲスい遥だよ!
と一旦すべて受け入れてみます。
受け入れないことには、何も変わらないからね。

今後とも、非寛容のゲスいアンバーを
よろしくお願いします。

ところで。
怒られて自分のしたことを振り返るでもなく、
怒っている相手を責めるでもなく、
目の前で怒ってる人に「笑って!」なんて
大人にはなかなかできない芸当ですが、
本当は大人も、
みんなそう思ってるのかもしれないね。

怒られる(=自分にとって好ましくないことが起きる)と
自分を責めたり、
他人を責めたり、
環境のせいにしたりするけど、

本当はそんなことはどーでも良くて、
ただ、目の前の人や自分自身に、
笑顔でいてほしいだけなのかもしれないね。

怒らないで。
笑って!!って

メルマガ登録はこちらから メルマガ登録はこちらから

 

「家庭も職場もマルチリンガル、マルチカルチャー」

そんなライフスタイルを、もっと詳しくメールマガジンにて配信予定です。

ご興味持っていただけましたら、ぜひご登録ください。



アンバー 遥 公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

北海道愛炸裂・青いビール‼︎

kindle本、本日!予約!解禁!!

晩夏の夕暮れに思う、冬の朝焼け

ダーリンは外国人、しかも原始人

新年の、抱負というより自戒の言葉

農夫の留守を預かりお庭点検中