フィジーの伝統料理“ロボ”@裏庭、 完成レポート

先ほど、我が家の裏庭で
フィジーの伝統料理『ロボ』実施の様子
投稿しましたが、

こちらが焼き上がり画像です。
焼けた石はかなり長い時間
熱い温度を維持して
肉も芋類もしっかり中まで
火が通っていました。

途中、お昼寝から目を覚ました息子も加わり
火に枝を足したりして大喜び。
で、肝心の味ですが、
本当はバナナの葉を使うところを
竹の葉で代用した結果、
芋類がほんのり、竹の風味…というか、
畳風味。
ま、ほんのり香るくらいなので
問題ありません。
フィジー伝統料理 畳風味。
大変美味しくいただきました。

メルマガ登録はこちらから

傍若無人な暴君を人生のパートナーにしてしまった日から、私は「あいつ(夫)のせいで、自分の人生が思うようにうまくいかない」とずっとずっと悩んできました。

しかし、自分を幸せにできるのはこの世でたった一人、それは自分だけ。他人に自分の幸せを委ねていては、人生は一歩も前に進まないと知り、事態は変わりました。

過去の私と同じように、誰かや何かのせいで、自分の人生がうまくいかないと思っているあなたに、

7日間無料メルマガ「南の島のジャングル夫から学んだ絶望スピリチュアル」を準備中です。下記フォームから先行登録受付中。


「南の島のジャングル夫から学んだ絶望スピリチュアル」7日間無料メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

人の話は最後まで聞け

巨神兵vsヴォルデモート再び。からの気づき

アンバー家の食卓 - 中東の鶏料理編

結婚生活=ミッション・インポッシブル その2

無念。パパイヤ収穫ならず

裸足の水汲み少年