フィジーの伝統料理“ロボ”実施中@裏庭

ロボというのは、
地面に穴を掘って枯れ木などで石を焼き、
バナナの葉でくるんだ肉や魚、
そしてキャサバやダロなどの芋類を
熱い石の入った穴に入れて、
土をかぶせて蒸し焼きにする
フィジーの伝統料理です。

詳しくはこちら(フィジー生活図鑑さんより)

夫の提案で、
裏庭に枯れ木がたくさんあるから
ロボでもするかー、と。
家庭も職場もマルチリンガル、マルチカルチャー。
異文化の見えない「壁」を、見える化して攻略する
アンバー遥です。
只今、我が家の裏庭で
絶賛蒸し焼き中です。

さすがにバナナの葉は手に入らないので
食材はアルミホイルに包んで、


裏庭の竹の葉を大量に水で濡らし、
石と食材の上に乗せ、


それでも蒸気が外に逃げてしまうので
その上に濡らしたバスタオル(←捨てて良いもの)をかけて

蒸し焼き中です。

1時間後、蒸しあがるそうです。
楽しみ。。。

メルマガ登録はこちらから

傍若無人な暴君を人生のパートナーにしてしまった日から、私は「あいつ(夫)のせいで、自分の人生が思うようにうまくいかない」とずっとずっと悩んできました。

しかし、自分を幸せにできるのはこの世でたった一人、それは自分だけ。他人に自分の幸せを委ねていては、人生は一歩も前に進まないと知り、事態は変わりました。

過去の私と同じように、誰かや何かのせいで、自分の人生がうまくいかないと思っているあなたに、

7日間無料メルマガ「南の島のジャングル夫から学んだ絶望スピリチュアル」を準備中です。下記フォームから先行登録受付中。


「南の島のジャングル夫から学んだ絶望スピリチュアル」7日間無料メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

モアナとフィジーと金内さん

結婚生活=ミッション・インポッシブル

巨神兵vsヴォルデモート再び。からの気づき

ヴォルデモート、洞爺湖畔へ

パワフル マスター トニック by 健康オタク

手に負えない暴君が穏やかな農夫に。あるディメンションシフトの...