アンバー家の事情

自転車では遠くてたまにしか行けなかった
某ビッグヨーサン(巨大な鮮魚と肉が豊富なスーパー)に、
車で出かけ、生鮮食品のまとめ買いをする中

千葉県産のブダイを見つけた夫。

夫「この魚、カレーにすると旨い」と言うので、

私「では、作ってください」と、

鮮魚コーナーのお兄さんに
ウロコと内臓だけを取り除いてもらい購入。

幼い頃から、牛や山羊を
一頭ごとさばいて食してきた人には
食材は切り身ではなく、お頭付きのまるごとが
しっくり来るようです。

「この魚は釣り糸では釣れないからモリで突く」

というサバイバル豆知識にも、

「へぇぇ」以外のリアクションが思い浮かばない
やや病んでいる妻、遥。

帰宅後、魚以外の下ごしらえをして、
後は夫に託し、キッチンを離れて
息子とソファで戯れていたところ、

3歳児の突然の予期せぬ動き。
顎の下から強烈なアッパーカットの頭突きを喰らい、

下唇がもげるかと思いました。

が、ちょっと深めに切れただけでした。

…子育て中の流血、ママあるあるです。

下唇にしみるカレーはなかなかのお味。
身崩れの少ない魚はカレー向きではありました。

ところで、
「旦那さんが料理をしてくれるなんていいね!!」

うん、確かにね…。
わかるよ、その気持ち。

でも私は、
料理を作ってくれなくても良いから、

せっかく作ったものを、
文句言わずに全部食べる人のほうが

いいなぁ。(遠い目)

やっぱりやや病んでいる今日この頃です。

【ブダイカレーざっくりレシピ】

  1. ブツ切りにされたブダイさん。レモン汁で〆ています。
  2. ココナッツオイルにニンニクとターメリックとマサラ

  3. やや水分多めにして完成だそうです。お頭入り。

メルマガ登録はこちらから

ジャングルで生まれ育ったリアルサバイバー系フィジー人の暴君夫との、十円ハゲができるほどのどん底パートナーシップが、ある真理を知ったことで劇的に改善…いや、劇的改善中。

パートナーシップの改善も、生きたい人生に進む方法も、全ては自分と真剣に向き合うことからスタートします。本当に私が望んでいることはコレだった!を知る方法を配信予定です。ご登録お待ちしています。


アンバー遥公式メルマガ「パートナーシップも人生の方向性も全ては自分と向き合うことから」
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

裸足の水汲み少年

手に負えない暴君が穏やかな農夫に。  あるディメンションシフ...

アンバー家の食卓 - 中東の鶏料理編

結婚生活=ミッション・インポッシブル

フィジーの伝統料理“ロボ”@裏庭、 完成レポート

ヴォルデモート、洞爺湖畔へ