私には、可能性しかない。

昨日の朝陽と今日の朝陽。

雲があってもなくても、
素ん晴らしいね、朝陽って。

こんな朝陽を見ていたら、
こんな思いが浮かびます。

『私には、可能性しかない。』

根拠なき自信も大概にしろよ!
というツッコミ、ありがとう。

ーーー
上記の言葉は先日、
とある素晴らしい人々と一緒にいる時に
私の口から出てきた言葉なんですが。

何を手放して、私はどう生きていきたいのか、
本当はずっとずっと気づいていたんだけど、
誰かや何かのせいにして、ずっと我慢してきたんですよねー。

私の潜在意識(=以後、腹の人と呼びます)
ごめんねー!

わかってたのに、我慢ばかりさせて、
本当にごめんねぇぇ!!

それを認めた時、私は泣きながら、

「でもそうすると、私にはもう、
可能性しかないんですよ…(嗚咽)」

傍目にはちょっと頭おかしい人。笑

もう口に出してしまったら、
すべてのことが、そっち(やりたい事のほう)に向かっていく感じがしています。

焦りは禁物だけど、
やりたい事の方に向かっていない行動をしている時は
時間を無駄にしている感じがして、
早く本当に自分のやりたいことに時間をかけたくて
うずうずします。

うずうず。うずうず。

私は割と若い時から、やりたいことが明確で、
腹の人が教えてくれていることを
"聞ける"環境にいたからだと思うのですが、

ほとんど迷いなく、

「あ、これだ。これがやりたい。絶対にこれ。」

という感じで、いつも目標が明確でした。

そして後は持ち前のコツコツ力で
そこにひたすらに向かっていく、
という人生を送ってきました。

だけどここ数年は、目に見える現実としては、
暴君という最大の難関を抱え、
私のやりたいことへの自由を奪われていた気がしていました。

でも本当は、
私から自由を奪ったのは、暴君ではなくて、
私自身だったのでしょう。

いや正確には「そういう経験をする必要がある」と
腹の人が知っていた、だから起きた現実。

けれど私は、目に見える現実の
自由を"奪われた"と感じている状況を
好転させられない(コントロールできない)のは、
結局自分の力不足ではないか!

と自分を責めていたのです。

「コントロールしようとすること」

私の長所は自己管理能力です。
と自負するくらい、
ちょっとくらい辛くても目標のためなら頑張れる。

そんな私なものだから、
たいていのことは意志の力で
コントロール可能だと思っていたし、
コントロールしようとしていたのですね。

そして欲しいモノを手に入れるには、
「ちょっとくらい辛くて当然」
という思い込みも。

手かせ足かせをしたまま、ここ数年もがいて頑張ってみたけれど、
もうそろそろ手かせ足かせがある状態がどういうものなのか、
も見えたことだし、

自ら作った手かせ足かせを
外してみようと思います。
・・・ね。やばいでしょ。

何がやばいって、
手かせ足かせがあって、今ですよ?
これからどんだけ飛躍できるの私?

と思ったらやはり冒頭の、

「私には可能性しかない」

これが、
私の腹の人が教えてくれている言葉だ
という気がしてなりません。
(もしくは自己暗示)

私のこれからの飛躍に賭けてみたい人。
これから右肩上がりですから、
ロングでフルレバレッジで
私に賭けておいてね!

朝陽の写真をアップしようと思っただけなのに
思いの丈をしたためてしまいました。

最後まで読んでくれてありがとう♡

あなたは腹の人の声、聴こえてますか?

メルマガ登録はこちらから

ジャングルで生まれ育ったリアルサバイバー系フィジー人の暴君夫との、十円ハゲができるほどのどん底パートナーシップが、ある真理を知ったことで劇的に改善…いや、劇的改善中。

パートナーシップの改善も、生きたい人生に進む方法も、全ては自分と真剣に向き合うことからスタートします。本当に私が望んでいることはコレだった!を知る方法を配信予定です。ご登録お待ちしています。


アンバー遥公式メルマガ「パートナーシップも人生の方向性も全ては自分と向き合うことから」
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

まるで前方後円墳

オリオン飲もう!

私のルーツは緑色のお赤飯

夫が7針縫いました

オフィスのマスク美人(偽)

庭のコデマリが満開です。