本業のはなし。オチはない

ここ数年、やたらとお目にかかる英単語、
Resilience(レジリエンス)
意味を調べると、
反発性,弾力性,回復力 等と書かれています。
最近は、障害許容力, 逆境力 なんかも追加されていますが、
いかんせん翻訳するのに苦労する単語です。

企業の危機管理に関する英文で、
3 Tips to improve resilience
というフレーズがあって、依頼した翻訳では
「企業の回復力を高める3つのヒント」
と訳されていたのだけど、うーん。
企業の回復力って言われてもようわからん。
weblioさんによると、
コンピューター用語でのResilienceは、
障害又は誤りが存在しても、要求された機能を遂行し続けることのできる、機能単位の能力
また心理学用語では、
社会的ディスアドバンテージや己に不利な状況において、自身のライフタスクを適応させる個人の能力
と説明されていて、
この2つはなんとなくイメージがわきやすい。
もっと調べると最近日本では、
レジリエンスはなんと「防災力」と同義にも
使われているらしい。

企業の危機管理を形容する際のResilienceは、
なんて翻訳したらわかりやすいかなぁ。

とりあえず前述のフレーズは、前後関係も見て、
「困難な状況での組織的なリスク対応能力を高める3つのヒント」
としておこうかな。

以上、今日はまじめに仕事しました。

写真は大好きなうどん屋さんの梅おぼろうどん。
お昼が近づくとソワソワして仕事にならず、
昼食後は眠くなるのでサボりがち。
勝負は午前のみ。ポンコツや。

メルマガ登録はこちらから メルマガ登録はこちらから

 

「家庭も職場もマルチリンガル、マルチカルチャー」

そんなライフスタイルを、もっと詳しくメールマガジンにて配信予定です。

ご興味持っていただけましたら、ぜひご登録ください。



アンバー 遥 公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

怒らないで。笑って。

庭のバジルで量産ジェノベーゼ

遥のボヤキ

最近ハマっているお茶

このエイリアン、何者なのかご存知ですか

私が何者なのか、と一本釣り転職活動-後編