裸足の水汲み少年

4人兄妹の2番目に生まれた。
幼い頃に着ていたのは、綿の腰布一枚。
靴は持っていない。
裸足で生活している。

朝、目が覚めると
兄弟、従兄弟たちと庭に駆け出て
草を食むヤギの一頭に目をつけ、
ごろんと横向きに転がすと

そのまま吸いついてヤギの乳を飲む。
横で子ヤギが、自分の乳だ!とばかりに蹴ってくる。

小高い丘の上に立つマホガニー材でできた家。
家の周りには家畜のヤギ、ニワトリ、カモが歩き回り
犬も猫もたくさんいた。

家の裏手には、サトウキビ畑とヤシの木。
バナナやマンゴーやパパイヤの木は自生している。

ダロやキャッサバ、
ヤムやクマラなど、
芋類は種芋を植えておけば
すぐに育つ。

丘を下ったところにある井戸に
毎朝水を汲みにいく。
水を入れた4ガロンの容器はすごく重い。
でも水がないと母さんが料理を作れない。
水がめをいっぱいにしておくには、
兄ちゃんと2〜3往復しないといけない。

季節は雨季と乾季があるけど、年中暑い。
ただ朝は息が白くなるほど寒い時もある。

家から1時間ほど歩くと、
川と海が接する河口がある。
そこのマングローブの根元で
でっかい蟹を捕まえられる。

やつらの大きなハサミに挟まれないように
捕まえるのは骨が折れるけど、
母さんの作る蟹のカレーは絶品だ。

---

ハリケーンの季節は
毎年11月から3月。

ハリケーンが来て強風が吹くと、
空高く伸びたヤシの木はグイーングイーンと
大きく横に揺れてココナッツの実を落とす。

雨と風の中、子供達は木から落ちたココナッツを
ここぞとばかりに拾いにいく。
ただし硬いココナッツの実の直撃を受けたら大変だ。
頭の上に注意しながら急いで拾う。

水辺に生えるヤシの木は、
真上ではなく地面から平行に伸び、
そして徐々に上に向かっていく。

そんな横向きに生えるヤシの木は、
強風に煽られると、
ゆっくりと縦に揺れる。

その日、
フィジーの北東に位置するバヌアレブ島の西側に
ハリケーンが近付いていた。

子供達は家をギシギシと唸らせる強風にも、
バケツをひっくり返したような勢いで降る
猛烈な雨にもひるむことはなく、
むしろ内心ワクワクしていた。

「兄ちゃん、そろそろ行こうか。」

「ああ、いいよ。」

子供達は、突風が吹き荒れる中を
大声で笑いながら、
裸足でかけて川へ向かった。

前に進めないほどの強風に押さえつけられたかと思えば、
今度は背中から急に吹き返し、
足が空回りしてつんのめるほど、
前へ前へと押しやられる。

強風にもまれて走るのが
ただ可笑しくて仕方がなかった。

「おい!お前、俺と同じ葉っぱにつかまんなよっ!
折れたらどうすんだよ!おいっ!バカ、お前!」

「ひゃっほーい!おおおお!すげぇ高ぇ!」

横向きに生えたヤシの木の先端が、
地面すれすれまで風で叩きつけられている間に、
子供達はそれぞれ太いヤシの葉の根元につかまる。

そうすると今度は、
反対側から吹いてきた突風がヤシの木の先端を
10m以上も、高く高く持ち上げる。

子供達は上下に大揺れするヤシの木につかまり、
足元の地面がどんどん離れて行って、
川全体と、遠くには浜辺まで見渡せるところまで
上っていくのを楽しんだ。

「これは俺が先につかんだ葉っぱだぞ!
お前はあっちの葉っぱを掴めよ!」

ヤシの葉にぶら下がったまま、
隣の従兄弟を蹴った。

「うるせーな、落ちるだろ!やめろよ!ハハハ」

ヤシの木が一番高いところまで持ち上げられた瞬間、
掴んでいた葉っぱから皆一斉に手を離す。

「ひゃっほーーーーい」

10m以上の高さから、
バッシャーン!と次々に川の中に飛び込む。

ーーー

『子供の時は、
人間は老人にならないと
死なないと思っていたんだ。』

夫はそう言って笑った。

『子供達は皆、たぶんそう思っていたよ。
だからもし間違って地面に落ちたら
腕や足の一本くらいは折れても
死ぬことはないと思ってた。ハハハ』

ーーー

家庭も職場もマルチリンガル、マルチカルチャー。
異文化の見えない「壁」を、見える化して攻略する
アンバー遥です。

上記は夫から聞いた、
夫が育った環境の実話です。

裸足に腰布一枚、朝はヤギの乳を直飲み。
まるでジャングルブックの世界。

そんな夫は現在、先進国日本で
ネットワークセキュリティとか
クラウドサーバーの管理とかをする
ネットワークエンジニアです。

裸足の水汲み少年が
ITエンジニアになったのは

「一生水汲みなんかしていたくない‼︎

という強烈な欲求があったから。

ここに書いた以上に、
自給自足の暮らしは過酷だったそうです。

何かを変えたい。
マイナスをゼロに、
ゼロをプラスに。

変えたいという想いは
人生を変えます。

そこまでの想いがないということは、
今のままで良いのだと思います。

先進国日本で、あなたや私が今、
やりたいと思っていることを手に入れることは、
たぶん腹づもり次第で
無理じゃないと思うんです。

水汲み少年のように強烈な想いが抱けたら。

---

夫の生い立ちは面白いので、
また取材してみます。

メルマガ登録はこちらから

ジャングルで生まれ育ったリアルサバイバー系フィジー人の暴君夫との、十円ハゲができるほどのどん底パートナーシップが、ある真理を知ったことで劇的に改善…いや、劇的改善中。

パートナーシップの改善も、生きたい人生に進む方法も、全ては自分と真剣に向き合うことからスタートします。本当に私が望んでいることはコレだった!を知る方法を配信予定です。ご登録お待ちしています。


アンバー遥公式メルマガ「パートナーシップも人生の方向性も全ては自分と向き合うことから」
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

クリスマスの壁

フィジーの伝統料理“ロボ”実施中@裏庭

巨神兵vsヴォルデモート再び。からの気づき

軍神降臨は天の采配か

結婚生活=ミッション・インポッシブル その3

アンバー家の事情