軍神降臨は天の采配か

タイトルが仰々しいが、要は、
なぜ今生の私の配偶者がこの夫なのか、
の理由みたいなものについての気づき@沖縄旅行を経て。


享楽的や短絡的であることを嫌い、
家事や諸々、やるべき事をできる限り
『ちゃんと』しておきたい性分の私は、
ともすると、
人生そのものが質実剛健でルーティンに支配され、
禁欲的になりがちかも・・・
と夫を見ていると気付かされる。

いくら私が片付けても片付けても、
綿棒からバリカンまで夫が使った物はすべて出しっ放し。
現状復帰という言葉は夫の辞書にはなく、
そういう自身に対して
全くの罪悪感もなく←ここポイント
片付けることに躍起になる私を見て、

 

「勝手に神経をすり減らしているよな」

というスタンス。

My top priority is to keep things organized!!
私の最優先事項は「ちゃんとしておく」ことなの‼︎

と涙ながらに訴えても、まるで意に介さないどころか、
まあ落ち着け、もちつけ。
と、ズドーンとソファに足を投げ出し、

Take it easy, man!

と鼻で笑われて終わりである。

manじゃない!womanだ!

と意味のない返しを、
涙まじりの鼻水垂らしながらしたりもした。

人生においても「ちゃんとすること」に重きを置いて、
意図せずも、小さくまとまろうとしてしまう私と
相反してルーティンに囚われない夫。

夫を形容するならば、
大胆不敵、傍若無人、粗野、無礼・・・
私の嫌いな、享楽的と短絡的も追加する。
でも結局、
そんな自分勝手でルールやルーティンに囚われない
夫のような人々を、私は心底疎ましく思いつつ、
同時に心底羨ましいのだ。

タイトルの【軍神降臨は天の采配か】に論点を戻すと、
(某界隈で近頃夫は『軍神』と命名された)
一生懸命「ちゃんと」しようと頑張って生きても、
人生はそんなに面白可笑しくはないから、

「ちゃんと」していなくてもいいから、
やや享楽的に、Take it easy!って生きる要素を
私の人生にねじ込むために、
軍神降臨の決議が天で採択されたのではないかと、
わかったようなフリをしてみる、
バケーション明けの水曜日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルマガ登録はこちらから

ジャングルで生まれ育ったリアルサバイバー系フィジー人の暴君夫との、十円ハゲができるほどのどん底パートナーシップが、ある真理を知ったことで劇的に改善…いや、劇的改善中。

パートナーシップの改善も、生きたい人生に進む方法も、全ては自分と真剣に向き合うことからスタートします。本当に私が望んでいることはコレだった!を知る方法を配信予定です。ご登録お待ちしています。


アンバー遥公式メルマガ「パートナーシップも人生の方向性も全ては自分と向き合うことから」
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

モアナとフィジーと金内さん

裸足の水汲み少年

フィジーの伝統料理“ロボ”@裏庭、 完成レポート

Merry Christmas! No more viole...

手に負えない暴君が穏やかな農夫に。  あるディメンションシフ...

結婚生活=ミッション・インポッシブル その3