年に一度のガクブル弁

本日は息子の保育園の、年に一度のお弁当デイ。

無論、お弁当デイは雨天決行である。

 

年に一度なのだからキャラ弁のひとつでも…
と気を引き締めてはみるが、
いかんせんアートは見る専門。

絵心のなさに自分でもガクブル。

うずらの卵にゴマで目をつけて
魚肉ソーセージでお口をつけたら
気持ち悪いのなんのって。

見なかったことにして、
そっとお弁当の蓋を閉める母ハルカ。

ちなみに我が家は、夫@ムスリムの指令により
豚肉の使用は一切許されておりませんので、
肉野菜炒めの肉はラムの薄切り肉使用、
ソーセージはお取り寄せの
ラム肉とハーブの生ソーセージ。

去年のお弁当デイに至っては、
鴨とオレンジのソーセージである。

 

4歳児にはややシャレオツ過ぎるジーセソーであるが仕方ない。
では母は仕事に。

今日も翻訳が立て込んでいる。

メルマガ登録はこちらから メルマガ登録はこちらから

 

「家庭も職場もマルチリンガル、マルチカルチャー」

そんなライフスタイルを、もっと詳しくメールマガジンにて配信予定です。

ご興味持っていただけましたら、ぜひご登録ください。



アンバー 遥 公式メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

マネージメントに必要なのは、スキルよりも経験よりも、○○でし...

そうだ、世界平和のためだった

三度の飯より『虫』が好き

先日水族館に行ったら。

忍者はピントが背景

ふんどし界への船出