嵐の夜の鴨鍋

鴨肉の塊を焼いて、鴨鍋をした。

先に皮目をカリッと焼き、
鴨から出た脂でニンニクのスライスを炒める。

そこに醤油ベースのスープを作り、
野菜は白菜と人参とネギとニラ。

皮目がパリパリに焼き上がった
ミディアムレアなお鴨さん。

このまま食べてしまいたい衝動をぐっとこらえ
スライスした肉を鍋に戻し、暫しグツグツ。

鍋の中で強力なダシを放出してくれる鴨肉。

シンプルな具材でも、とても深みのある味の鍋になる。

同僚からの京都土産「日本一辛い一味唐辛子」を
パラパラと振って食べると、またピリ辛で最高。

以上、朝から酒の進みそうな投稿ですんません。

先日の台風の夜に鴨鍋をしたので、
このタイトルを使いたかっただけでした。
あ、出来上がった鍋の写真撮るの忘れてた。。

メルマガ登録はこちらから

ジャングルで生まれ育ったリアルサバイバー系フィジー人の暴君夫との、十円ハゲができるほどのどん底パートナーシップが、ある真理を知ったことで劇的に改善…いや、劇的改善中。

パートナーシップの改善も、生きたい人生に進む方法も、全ては自分と真剣に向き合うことからスタートします。本当に私が望んでいることはコレだった!を知る方法を配信予定です。ご登録お待ちしています。


アンバー遥公式メルマガ「パートナーシップも人生の方向性も全ては自分と向き合うことから」
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

北京出張1日目を終えて

時代を感じる

忍者はピントが背景

英語がそこそこ話せると、 男の好みもボーダーレスになるらしい

オフィスのマスク美人(偽)

「内向的な人が秘めている力」