英語がそこそこ話せると、 男の好みもボーダーレスになるらしい

昨日から、シンガポールオフィスより
会議のために来日している秀才達の中に
めっちゃ可愛いが、線の太い、いい感じの
インド系男子がいる。
(注:インド系が好みというわけではありません)

さっき廊下ですれ違ったので話しかけたら、
気さくで感じがよくて、
握手した時のぎゅっと強めに握る感じが良くて、
嗚呼…。こんな人と結婚したかったな。
と思いました。

今日のアンバー独り言。
…アンバー、病んでるな。

メルマガ登録はこちらから

傍若無人な暴君を人生のパートナーにしてしまった日から、私は「あいつ(夫)のせいで、自分の人生が思うようにうまくいかない」とずっとずっと悩んできました。

しかし、自分を幸せにできるのはこの世でたった一人、それは自分だけ。他人に自分の幸せを委ねていては、人生は一歩も前に進まないと知り、事態は変わりました。

過去の私と同じように、誰かや何かのせいで、自分の人生がうまくいかないと思っているあなたに、

7日間無料メルマガ「南の島のジャングル夫から学んだ絶望スピリチュアル」を準備中です。下記フォームから先行登録受付中。


「南の島のジャングル夫から学んだ絶望スピリチュアル」7日間無料メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

オリオン飲もう!

ライターアンバー遥の記事一覧

VERY妻風を装っている

豚肉の壁

外資系企業、翻訳業務の裏側

第2回 100人共著プロジェクト