バイリンガルへの道?

3歳の息子の
最近のお気に入りアクティビティは、

家の中にある物や、
絵本や動画の中に出てくる物、
目に入った物など、
全てについて

「○○の名前は?」と聞く事なのですが、、

家庭も職場もマルチリンガル、マルチカルチャー。
異文化の見えない「壁」を、見える化して攻略する
アンバー遥です。

この「○○の名前は?アクティビティ」、
どういうことかと言うと

息子が、物には、
夫が話す言葉(英語)と
私が話す言葉(日本語)の
2つの名前がある
と気づいたようです。

それで2つの名前の
付け合わせをしている、という感じで

例えば、

息子:鳥の名前は?
私:birdだよ ←発音はできるだけ正しく
息子:バァドッ? ←やり過ぎ感はあるが「r」の発音

息子:じゃあダイナソーは?
私:恐竜だよ(おお。そっちは英語で先に覚えたのね)

息子:じゃあこれは?
私:それは加湿器。humidifier だよ
息子:ヒューミジハイワ?(※正しくはヒューミディファイア)

息子:じゃあドングリは?
私:えっと…。。ドングリは何だろう?(焦)

<私、英辞郎アプリで調べる>

私:ドングリはacornだって!
息子:エイコーン?

息子:じゃあドジョウは?
私:えっと、ドジョウは…。
(ああ、お池にハマったあの流れですね…)

<再び英辞郎>

私:ドジョウはloachだって!
息子:ローチ?

…というような感じで
正直、結構、難易度高いです(私に。

大学時代、アメリカ人講師から聞いた
彼の幼いお子さんの話で、
皆でホットドッグを食べに行こうか、と言ったら

「あっちゅいワンワン、食べない」

と言ったというのを聞いて
バイリンガル恐るべし!

と思っていたものですが、
我が家の息子はどのように育つのか
楽しみです。

メルマガ登録はこちらから

ジャングルで生まれ育ったリアルサバイバー系フィジー人の暴君夫との、十円ハゲができるほどのどん底パートナーシップが、ある真理を知ったことで劇的に改善…いや、劇的改善中。

パートナーシップの改善も、生きたい人生に進む方法も、全ては自分と真剣に向き合うことからスタートします。本当に私が望んでいることはコレだった!を知る方法を配信予定です。ご登録お待ちしています。


アンバー遥公式メルマガ「パートナーシップも人生の方向性も全ては自分と向き合うことから」
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

Related Entry

私には、可能性しかない。

トッポンギ

治外法権のバレンタイン

揺るがない自信、への壁

うちなーんちゅな3歳児と国際的秘伝レシピ?のBBQ

私:39.2℃、息子:40.1℃